So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
06. 一目均衡表 ブログトップ

6. 一目均衡表 [06. 一目均衡表]

◆解説◆

一目均衡表は都新聞(現在の東京新聞)兜町担当記者であった一目山人(いちもくさんじん)こと細田悟一氏によって、1936年に考案されたテクニカル指標です。
<指標の見方>
第1シグナル
転換線が基準線を上抜けば買い。下抜けば売り。
第2シグナル
基準線が上抜けば買い。下抜けば売り。
「雲」と足の関係
相場がサポートゾーンより上にあれば下値サポート、レジスタンス
ゾーンより下にあれば上値抵抗線となります。ゾーンは「雲」と言
います。雲は先行スパンAと先行スパンBに挟まれたゾーンのことで、
この幅の厚みが抵抗力の強弱を表します。
遅行線と日々ローソク足との関係
遅行線と当時(26日前)の日々線とを比べ、遅行線が当時の日々線
を上回っていれば買いの期間、下回っていれば売りの期間となります。雲が厚ければ抵抗力が強く、薄ければ抵抗力は弱いと判断されます。また、先行スパンAと先行スパンBがクロスする箇所は「変化日」であり、相場の転換点となりやすいと考えられています。

◆使い方◆

ichimokukinkou.jpg

nice!(0) 
06. 一目均衡表 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。