So-net無料ブログ作成
11. RSI(総対力指数) ブログトップ

11. RSI(総対力指数) [11. RSI(総対力指数)]

◆解説◆

RSIは、過去一定期間の変動幅における上昇分の割合です。米国のテクニカル・アナリストのJ.W.ワイルダーによって開発されました。
具体的には、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って、100を掛けたもので、0%から100%の範囲で推移しま
す。
<RSI計算式>
A=期間内の値上がり幅の合計
B=期間内の値下がり幅の合計
とした場合、以下のようになります。
RSI=A÷(A+B)×100(%)?

計算式から分かるように、期間内の相場が全て上昇すればRSIは100、全て下落すればRSIは0になります。
数値が100に近づき過ぎれば買われ過ぎ、逆に0に近づき過ぎれば売られ過ぎの状況と考えます。

◆使い方◆

RSI.jpg

nice!(0) 
11. RSI(総対力指数) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。